7月10日までに行う税金&社会保険の手続き

2017年7月5日

——※この記事は、投稿日現在の状況、法令に基づいて書いています。———

Pocket

■スポンサードリンク
forium / Pixabay

従業員10人未満の事業者が行う7月10日までに行う税金&社会保険の手続きは、以下の通りです。

  • 源泉所得税の納付(納期の特例)
  • 算定基礎届

源泉所得税の納付

納期の特例を受けている事業者にとって、年2回の源泉所得税は忘れやすいので、注意しましょう。

7月10日が納期限となります。

https://www.ysk-consulting.com/tax-procedure-for-small-company/

今年から納付方法にクレジット納付が加わりました。クレジット納付は決済手数料がかかりますので、クレジットカードのポイントを貯めたいという方は、ポイント還元率が1%以上のお得なクレジットカードを使用しましょう。

https://www.ysk-consulting.com/payment-of-national-tax-by-creditcard/

算定基礎届

社会保険の手続きとしては、7月3日~7月10日の間に、日本年金機構へ算定基礎届の提出が必要となります。

4~6月の平均給与を基に標準報酬月額を算定します。ここで決定された標準報酬月額が9月分(10月納付分)の健康保険料、厚生年金保険料などの納付額の基礎となります。

Pocket

■ スポンサードリンク