「 税金 」一覧

社長へのボーナス(賞与)を経費にする方法

社長へのボーナス(賞与)を経費にする方法

会社が支払う役員報酬を経費にする(正しくは「損金に算入する」といいます。)には、法人税法上、厳しい制約が設けられています。 なぜなら、役員給与は役員の意のままに決定できるケースが多く、規制なく経費にできるようにしてしまうと税金...

記事を読む

店舗や事務所を借りて敷金・礼金を支払ったときの会計・税務処理

店舗や事務所を借りて敷金・礼金を支払ったときの会計・税務処理

店舗や事務所を借りると敷金・礼金の支払いでまとまった金額を払わないといけません。 多額の支払いがあったので、さぞかし節税効果があるかと思いきや、実は支払った金額の全額が経費になるわけではありません。 敷金は経費になるのか?...

記事を読む

同じ相手先から複数の請求書を受領。合計金額が100万円を超えた時の所得税の源泉徴収の税率はどうする?

同じ相手先から複数の請求書を受領。合計金額が100万円を超えた時の所得税の源泉徴収の税率はどうする?

所得税の源泉徴収義務のある法人や個人事業主が個人へ原稿料や講演料を支払う場合、源泉徴収が必要です。 源泉徴収する金額は、100万円以下の場合、報酬の10.21%です。 100万円を超える場合には、超えた部分については20...

記事を読む

【海外取引を行う場合の源泉所得税】外国に住んでいる作家やデザイナーなどへ原稿料などの報酬を支払った場合

【海外取引を行う場合の源泉所得税】外国に住んでいる作家やデザイナーなどへ原稿料などの報酬を支払った場合

源泉徴収の義務のある個人や法人が日本に居住している個人に対して、原稿料やデザイン料などの報酬を支払った場合には、報酬の10.21%相当の所得税の源泉徴収が必要です。 それでは、外国に住んでいる作家やデザイナーに原稿料などの報酬...

記事を読む

法人税の申告書、自署押印制度廃止でも署名してハンコを押さないといけない?

法人税の申告書、自署押印制度廃止でも署名してハンコを押さないといけない?

2018年度税制改正により、法人税の申告書への自署押印制度は廃止されました。 しかし、それでもなお申告書にサインしてハンコを押すという自署押印が必要なケースがあるようです。 自署押印制度の廃止 法人税の申告書を書面で税務署...

記事を読む

個人事業主(フリーランス)が外注費を払うとき、もらうときに税金(源泉所得税)で気をつけるべきこと

個人事業主(フリーランス)が外注費を払うとき、もらうときに税金(源泉所得税)で気をつけるべきこと

個人事業主やフリーランスで外注費を払うときに気になるのが 「外注費払うときって税金差し引くんだっけ?」 ということ。 特に、自分がお客様から受け取っている報酬から税金が差し引かれている方の中には、自分が払うときも同...

記事を読む

【2018年度税制改正】「収益認識に関する会計基準」に伴う税制改正はやはり大規模だった!

【2018年度税制改正】「収益認識に関する会計基準」に伴う税制改正はやはり大規模だった!

本日(2018年6月1日)、2018年3月30日公表の「収益認識に関する会計基準」に伴って行われた平成30年度税制改正について、法人税法基本通達の改正内容が公表されました。 事前の予想の通り、大規模な税制改正となりました。 ...

記事を読む

2019年1月から電子申告が簡便化~マイナンバーカードなしでID・パスワードだけで電子申告できる~

2019年1月から電子申告が簡便化~マイナンバーカードなしでID・パスワードだけで電子申告できる~

所得税の確定申告では、マイナンバーカードとカードリードライタがあれば、電子申告が可能です。 しかし、マイナンバーカードの普及率が低く、また、カードリードライタも電子申告以外の使い道がないため、購入する人は稀です。 この2つがネッ...

記事を読む

監査報酬の損金算入時期~法人税及び消費税の取扱い~

監査報酬の損金算入時期~法人税及び消費税の取扱い~

会計監査を受けている会社であれば、数千万、場合によっては数億の監査報酬を支払っていることもあります。 金額のインパクトが大きいだけに、税金の取扱いにも注意が必要です。 監査報酬の会計上の処理 監査報酬はその金額が大きいため...

記事を読む

会社が入社支度金を支給するときの税金の取扱い

会社が入社支度金を支給するときの税金の取扱い

会社が入社の応募促進、入社辞退対策、入社に伴って転居等が必要な社員の援助などの目的で入社支度金を支給する場合があります。 このときの税務上の取扱いは、どのようになるのでしょうか。 入社支度金の税務上の取扱い 転居等が必要な...

記事を読む

スポンサーリンク