『うんこ漢字ドリル』でやる気アップ?教育に悪いかもしれないけど買ってみた訳

Pocket

■スポンサードリンク

DSC_0640 2

今、小学生の間で話題の「うんこ漢字ドリル」。タイトルが下品だし、例文もすべてに「うんこ」という言葉が入っていて、教育に悪そうな気がします。それでも、買う価値はあるのではないかと思い、購入を決めました。

教育に悪いかもしれないけど買ってみた訳

我が家の長女は小6。そして、二女は小2です。そこで、アイキャッチ画像の写真の通り、それぞれ小学6年生用とと小学2年生用の『うんこ漢字ドリル』を購入しました。

タイトルに「うんこ」という文字が入っており、下品で教育に悪いという声も聞こえますが、以下の理由で私は購入を決めました。

  • うちの子は元々下品なことは言わないから、この本を買ってあげたくらいでは下品な人間にはならない
  • 小2の二女は2年生になり学校に慣れたこともあり、緩みがあるので勉強させたい
  • 小6の長女は漢字の理解が悪いので、丸暗記ではなく理解しながら勉強してほしい
  • 面白そう。子供に買い与えつつも、自分でも読んでネタにしたい

男社会で育った私としては、人を馬鹿にするとき、
「〇〇なんて、うんこだぜ。気にすんな!」
とか言うような人とも接してきたので、人前で下品なことを言わない娘は、この程度の本で下品になるはずがないと確信しています。

とは言え、そんな下品なことを言わない娘たちであっても、『うんこ漢字ドリル』というタイトルに大爆笑です。下品なことを言わない女子たちも、実は『うんこ』って響きにニヤリとしてしまうものなのですね。

全ての例文に「うんこ」という言葉が入っており、ツッコミどころ満載で面白いです。これなら、子供も楽しみながら勉強できるし、

「こんな面白い例文があるよ!」

と家族の会話も弾みます(笑)

「うんこ」を使った例文が面白い

すべての例文に「うんこ」を使っているので、当たり外れはありますが、読みながらついついツッコミを入れたくなります。

そんな例文を少しだけ、紹介します(赤字部分が漢字の練習部分)。

まずは、小学2年生のものから。

切な人がうんこをとどけてくれた。

それは、親切じゃねぇ。。

きみが国のフルーツだと思って持っているものは、ぼくのうんこだ。

南国フルーツに似たうんこってどんなうんこだ?この例文を読んだ後に南国フルーツのデザートは食べたくない…。

小学6年生には、こんなのがありました。

うんこをもらした話なら挙にいとまがない。

そんなブログを読んだことがあります(笑)

突然うんこをくれと言われても、返答にる。

そりゃあ、困るでしょ。

「うんこ漢字ドリル」を買ったことは秘密です

本名を晒してブログを書いている私が言うのも何ですが、娘たち二人にとって「うんこ漢字ドリル」を持っていることは秘密です。リアルでお付き合いのあるお父さん、お母さん。決して、子供たちにうちの娘が喜んでその漢字ドリルをやっているとは言わないでください。よろしくお願いいたします<m(__)m>

賛否両論ある本ではありますが、ご興味があれば、是非購入してみてください。

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

週末は、北区のわんぱく相撲に、娘2人が参加しました。結果は、長女が2回戦敗退、二女が3回戦敗退です。特に練習もしていないので仕方ないのですが、子供たちが楽しんでいましたし、負けた時に悔しいという気持ちになったようで、その気持ちが成長に繋がればいいなと思います。

【週末の一日一新】

東京都北区赤羽体育館

家族5人で赤羽のすし常

■セミナー告知
開催リクエスト受付中!
詳細は下記リンクをご参照ください。

かっぱ祭りでの二女のバトン発表

Pocket

------※この記事は、投稿日現在の状況、法令に基づいて書いています。---------

■ スポンサードリンク




スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク