【独立起業に興味がある方へ】1人で独立すると人に聞かれることとその回答

2017年6月11日

——※この記事は、投稿日現在の状況、法令に基づいて書いています。———

Pocket

■スポンサードリンク

DSC_0631 1

日本では開業率が5%を下回っており、独立して企業をするというのは珍しいものと思われがちです。税理士は比較的、独立開業しやすい業種ではあるのですが、それでも「よく独立したねぇ~」と言われることが少なくありません。

日本では独立して起業するのが珍しい

日本では、欧米諸国に比べ、独立して起業するということが珍しいことのようです。下のグラフを見ると、日本の開業率や廃業率は、欧米諸国の半分以下といった状況です。

2017-05-24

独立すると人から聞かれること

独立はハードルが高いものという固定観念があるようでして、独立したというと、よく聞かれる質問がいくつかあります。

事務所の従業員数

一番よく聞かれるのは、

「何人で事務所を運営しているのですか?」

「一人で事務所を運営しているのですか?」

「従業員は雇っているのですか?」

という事務所の規模についてです。

私は、1人で運営をしていますし、今のところ、妻以外の従業員は雇っていません。仲間と一緒に税理士法人を立ち上げるという方法もあるのですが、私は次の理由で共同経営はしていません。

  • 共同経営者がいると意思決定が遅れる
  • 共同経営者がいると相談して決めないといけないことが多くなり、物事を行うのに余計に時間がかかる
  • 税理士という職業柄、1人でも仕事を完結させることができる
  • 税理士という職業は、属人的な業務であり、共同経営者がいるからといってよい仕事ができるとは限らない
  • 相手のことを気にせず、自分のペースで仕事ができる
  • 零からのスタートなので、共同経営者がいると、最低でも2人が食べていくための売上が必要
  • 友達と共同経営をし、経営方針が合わなくなったときに、友達を失う可能性がある(私の場合、仲よく遊べる友達と仕事がしやすい仲間とは別なので、難しさを感じます。)

共同経営は共同経営で、「それぞれの長所を生かし、1+1=3になる」とか、業務の範囲を広げやすいとか、チームで仕事ができるといったメリットがありますが、私には向いてないと考えているので、経営者は私一人というスタンスで仕事をしています。

会計事務所業界では、「人を雇ってこそ一人前の税理士」という風潮があるようです。ただ、それは税理士制度が始まってから今日までの会計事務所の業態がそうだったわけで、今後、それがいいかどうかはわかりません。

クラウド会計の進歩などのAIの発達によって、記帳代行のような業務は需要が減っていく可能性があります。そのときに、記帳代行のための職員を多く抱えていると、重荷になってしまうかもしれません。

かといって、従業員の採用に消極的な訳でもないので、時代の変化に柔軟に対応できる範囲の従業員数であれば、将来的に雇用するかもしれせん。

個人的には、従業員数にはあまりこだわりがなく、「雇いたい」とも思っていないし、「雇いたくない」とも思っていないのが現状です。

1人で仕事が回せるの?

私の場合、アドミ業務を極小化するように工夫していますので、アドミ業務は一般的な税理士の数分の1程度で済んでいると自負しています。

https://www.ysk-consulting.com/admi/

あとは営業と製造ですが、営業はほぼブログのみです。最近は3月決算で忙しく、ブログの改良等でやりたいことができていないという状況であり、製造に偏っています。もう少し製造を減らして営業(ブログやHP作成)に労力を回さないと、というのが独立1年目の反省点です。

製造面は、現状、収入の大半が税理士独占業務(つまり、会計業務は少なめ)というところがプラスに働いていると考えています。

■スポンサードリンク

1人で淋しくないの?

会社にいると、常に同僚が周りにいます。しかし、1人で独立すると、事務所内でも1人です。ランチに一緒に行く仲間もいません。一見、淋しそうに見えるかもしれませんが、意外とそうでもありません。

会社勤めのときは、お客様との関係性というのは、ビジネスライクなものでした。お客様は私を選んだのではなく、会社を選んでいるのです。そして、選んだのがお客様の担当者ではないことがほとんどです。

それに対して、独立すると、お客様というのは、私を選んでくださった方です。当然、会社員の頃のお客様とは、信頼度、親しみ度などの関係性が全く違ってきます。

独立してからは、苦手な方と接する機会が激減します。比較的良好な人間関係の中で、日々の仕事や生活を送れるので、淋しくもなく快適に過ごすことができます。

まとめ

独立前に不安に思っていること。独立してみると、意外と大した心配ではなかったと気付きます。もちろん、業種によって独立の難易度は異なるとは思いますが、小さな不安は何とでもなります。一度きりの人生です。独立したいと思ってモヤモヤしている方は、思い切って独立してみましょう。より実りのある人生が待っています。

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

昨日も先週に引き続き、朝から晩まで仕事です。今週一杯はそういう日が続きそうです。。

【昨日の一日一新】

オアゾで九州・沖縄料理のランチ

うんこ漢字ドリル

Pocket

■ スポンサードリンク