個人事業主(フリーランス)がクラウド会計やるなら現金は使わないようにしよう【会計freee編】

Pocket

nattanan23 / Pixabay

会計freeeやMFクラウドに代表されるクラウド型の会計ソフトの魅力は、銀行口座やクレジットカードが会計ソフトに同期されることです。

この同期を便利に使いこなして負担を軽くしたいのであれば、現金の利用は極力減らす必要があります

会計freeeでの現金の入力

会計freeeで現金取引を入力するのであれば、連続取引入力がおすすめです。

2018-06-07 (1)

これならばお小遣い帳感覚で入力できそうですね!

ん?入力??

入力していたらクラウド会計のメリット、生かしきれていないですよね。

入力を減らすためには現金の支払を減らして、Suicaなどの電子マネー、クレジットカードや口座振込など、クラウド会計と同期できる方法で決済しましょう。

会計freeeでモバイルSuicaを同期するときのTips
会計freeeでモバイルSuicaを同期するときのTips
交通費は領収書のない経費なので、集計に一苦労です。1か月まとめてやろうとすると、いつどこに行ったのか思い出すのに苦労することも。SuicaやPASMOの履歴印字もマメにやらないと古い明細が印字されたくなってしまうことも。チャージ代金...
【会計freee】モバイルSuicaのチャージの決済をビューカードで行うときの留意点
【会計freee】モバイルSuicaのチャージの決済をビューカードで行うときの留意点
クラウド会計利用のメリットの一つは、モバイルSuicaを取り込めることです。外回りが多い方は、1か月間の交通費の集計に何時間もかかってしまうということも少なくありません。そんな煩わしい交通費の集計と会計処理ですが、会計freeeを使...

極力、現金の入力をなくそう

とはいえ、現金での支払をゼロにするのは至難の技です。

郵便局での支払、クレジットカード払いができないお店の利用など、何かと現金を使う機会は出てきてしまいます。

現金を入力したときにネックになるのは、現金の管理です。

仕事用の現金、プライベートの現金とを財布の中で分けるのは困難です。

そこでどうするかというと、現金はすべてプライベート用として、仕事用の現金は常にゼロにします。

現金で1000円の交通費を支払ったとき、仕事用の現金であれば次の仕訳を行います。

(借)交通費  1,000円  (貸)現金  1,000円

しかし、プライベート用の現金で払ったのであれば、次のように仕訳を行います。

(借)交通費  1,000円  (貸)事業主借  1,000円

会計freeeであれば、次のように入力します。

20180606ブログ用

このプライベート資金というのは、現金に関わらず、プライベート用のすべての決済手段で使えます。

freeeで口座を設定していない銀行預金、クレジットカード、電子マネーなどでの決済は、すべてプライベート資金で決済すればよいのです。

飲食店や小売店など現金でビジネスを行っている場合

そうはいっても、飲食店、小売店などのビジネスでは、現金で取引することがほとんどですから、現金の管理は避けては通れません。

そこでオススメなのは、レジの現金の動きは売上代金と売上代金の銀行への入金に絞るということです。

業者への支払や小口の支払をレジからのお金でまかなうと、現金の残高管理が難しくなりますので、極力、プライベート用のお財布から支払い、後で精算するようにしましょう。

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

最近、仕事が立て込んでおり、睡眠不足です(会社員時代ほどではないのですが)。

最近購入したランニングウォッチには、睡眠時間と睡眠の質を図る機能が付いていて、睡眠時間が可視化されました。

心拍数も可視化されていて面白いです。

肝心のランニングはというと…

今日は雨だったのでお休み(^_^;)

Pocket

------※この記事は、投稿日現在の状況、法令に基づいて書いています。---------

■ スポンサードリンク




サービスメニュー
・ 税務顧問
・ 個別コンサルティング
・ 【青色申告を始めたい個人事業主&フリーランス向け】
  青色申告の手続きと会計ソフトの導入をサポートします(詳細はこちら)。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

■ 開催セミナー

スポンサーリンク