ブログ平日毎日更新。やむを得ない理由があると認める場合はこの限りでない!?

2018年2月8日

——※この記事は、投稿日現在の状況、法令に基づいて書いています。———

Pocket

■スポンサードリンク
geralt / Pixabay

2016年8月17日から平日毎日ブログを更新しています。ここまで、体調を崩すことなく、無事に生活できているこそ達成できています。仕事の方は時期的なものもあり、予想を超えて忙しくなってきており、ブログを書く時間を捻出するのに苦労している今日この頃です。

やむを得ない場合にはこの限りでない

税理士や税理士試験を勉強した方なら、必ずと言っていいほどしっているこのフレーズ。

やむを得ない理由があると認める場合にはこの限りではない

これは、宥恕規定と呼ばれるもので、必要な添付書類の添付、保存、期限内の提出が必要なものなどについて、それが出来ないことについて特別な事情がある場合には、これらがなくても優遇規定が受けられたり、期限を過ぎても期限内申告として取り扱ってくれたりする規定です。

やむを得ない理由があると認める場合の程度は?

この「やむを得ない理由」ってどの程度かというと、結構厳しめと考えてもらったほうがよいでしょう。

例えば、3月15日の確定申告期限。
「入院しているので確定申告書を期限内に出せない」
という問い合わせに対し、税務著職員の回答は
「病院から電話できるような状態であれば、やむを得ない理由にはあたりません。」
例え、入院していても、意識がある限りは確定申告書を期限内に提出する必要があるようです。

ブログ平日毎日更新は?

これは私がやり遂げると決めた目標ですから、平日毎日更新が途絶えたところで、確定申告書のようなペナルティはありません。自分自身に負けてしまった、それで終わりでしょう。
ただし、どうしてもブログ平日毎日更新を止めざるを得ない状況というのは、間違いなくあります。そのような状況にならないように、まずは日々平穏に過ごす環境を整えることです。健康を維持する、ストレスをかかえない、心を乱さない、自分自身に負けない、といったことが大事になるのでしょう。

それでも、自分の頑張りだけでは何ともならないことがあります。ただ、どんな事情であれ、一度平日毎日更新という緊張の糸を切ってしまったら、その張りつめた糸は今後は張りつめることなく、常に緩んだ状態の糸になってしまうでしょう。

平日毎日更新、続けるのが困難なときもありますが、税務署職員のように厳しく自分を律して(?)続けていきたいと思います。

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

プライベートになるべくたくさん時間を割かなければならない状況ということで、今日のブログはショートバージョンです。

【一日一新】

臨時休業(自分で意図していない一日一新が発生してしまっていますが…)

Pocket

■ スポンサードリンク