国税庁ホームページリニューアルから学ぶブロガーがやってはいけないこと

Pocket

DSC_0012-min

2018年3月31日、国税庁のホームページがリニューアルされました。

デザインが改善され、スマホでも国税庁のホームページが見やすくなりました。

しかし、このリニューアルは税理士の間では評判が悪いのです。

国税庁ホームページリニューアルの問題点

今回のリニューアルでは、国税庁ホームページのトップページは変わらないものの、それ以外ほぼすべてのページのURLが変更になっています。

そのため、変更当初はグーグルで検索して目的のページに行こうと思っても、たどり着くことができず、トップページへリダイレクトされてしまうという現象が起きていました。

国税庁ホームページには、下記のお詫びが掲載されていました。

国税庁ホームページリニューアルに伴う検索機能の不具合につきましては、利用者の皆様にご不便をおかけして申し訳ございません。
4月3日15時現在、クローラー(ロボット型検索エンジン)の巡回により、早期に検索結果に新URLが表示されるよう、検索エンジン側にリクエストするなどの措置を講じております。
一般的には、これらの措置により、閲覧の多いホームページについては、リクエスト後、即日から一週間程度で検索結果に新URLが表示される見込みです。
利用者の皆様方にはご不便をおかけいたしますが、今しばらくの間、国税庁ホームページのトップページからの案内表示に従ってご利用いただきますようお願い申し上げます。

現在のところ、この症状は改善されてきているようです。

しかし、税理士にとっては、国税庁ホームページは貴重な情報源ですので、リニューアルしてしばらくはこの症状に悩まされていた税理士が多くいたようです。

私も普段であれば簡単に見つけることができる国税庁の記事になかなかたどり着くことができず、だいぶ時間をロスしました。

そして困るのがブログに貼り付けた国税庁ホームページのURLです。

直さないといけないのでしょうが、残念ながらそこまで手が回っていません。

WordPressのリンクエラーの通知が送られてくることを期待して、今は手付かずです(^-^;

国税庁ホームページから学ぶブロガーがやってはいけないこと

国税庁ホームページのURLが変更になって目的のページにたどり着けなくなったことから学べるのは、個別ページのURLを変更するとググっても目的のページにたどり着けないということです。

せっかくグーグル検索でヒットするようになった記事のURLを変更してしまうと、検索して見つけてもらっても、そのページを見てもらえないということが起こりうるのです。

その後起こるのは、グーグル検索に引っかからなくなってしまうということ。

つまり、ブログのURLは絶対に変えてはいけないのです。

ブロガーの方にとっては常識中の常識なのですが、国の機関である国税庁にとってはそれほど気に留めることではないようですね…。

「ちょっと不便だけど我慢してね。サイト内から頑張って探してね。」

といったところなのでしょう。

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

税理士業界は1月~3月15日の確定申告期が一番の繁忙期なのですが、私の場合、3月決算法人の確定申告が一番の繁忙期になりそうです。

もっとも、繁忙期をつくらないよう、うまく平準化する工夫が必要なのでしょうが…。

Pocket

------※この記事は、投稿日現在の状況、法令に基づいて書いています。---------

■ スポンサードリンク




サービスメニュー
・ 税務顧問
・ 個別コンサルティング
・ 【青色申告を始めたい個人事業主&フリーランス向け】
  青色申告の手続きと会計ソフトの導入をサポートします(詳細はこちら)。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

■ 開催セミナー

スポンサーリンク