東武動物公園~バレンタイン企画で女性無料、冬のイルミネーションの最終日でした~

2017年2月14日

——※この記事は、投稿日現在の状況、法令に基づいて書いています。———

Pocket

■スポンサードリンク

DSC_0055 2 (2)

歩けるようになったもうすぐ1歳の長男に動物を見せようと、昨日(2017年2月12日)、東武動物公園へ行ってきました。動物園に行くのであれば、上野動物園のほうが近いし、安いし、パンダもいるし、ということで、これまでは選択肢に入っていなかった(公営の動物園が安すぎるので民業圧迫といったところなのでしょう)のですが、昨日はバレンタインデーで女性は無料、そして冬のイルミネーションも最終日とのことで、生まれて初めての東武動物公園への入園となりました。

遊園地と動物園の複合施設ですが、とても広いので、子供を連れて遊びに行くのであれば、どちらをメインにして遊ぶか決めてから行ったほうがよさそうです。今回は、動物園メインで遊びに行きました。

料金体系

基本料金と割引情報

入園料は、以下の通りです。

  • 大人(中学生以上) 1,700円
  • 子供(3歳以上)    700円
  • シニア(60歳以上)  1,000円

入園料と乗り物フリーパスのセットだと、以下の通りになります。

  • 大人    4,800円
  • 子供    3,700円
  • シニア 3,700円

車で行く場合には、駐車料金が1,000円/日かかります。駐車場は西ゲート(動物園側)にあります。

電車で行く場合、鉄道セット券で700円弱お得になるようです。

JAFやエポスカードをお持ちの場合、200円安くなります。

他の動物園と比較

上野動物園や多摩動物公園では、下記の入園料となっています。

  • 一般         600円
  • 65歳以上  300円
  • 中学生      200円

公営の動物園と比較してしまうと、一見高いように見えます。しかし、東武動物公園は遊園地も併設されています。それを踏まえると、入園料としては妥当な水準ということなのでしょう。

イベント

バレンタインデーは女性の入場料が無料

2015年から、バレンタインデーについては、女性の入園料が無料になるというキャンペーンを行っています。我が家の家族構成からすると、妻と娘2人が無料になるこの企画は、私一人の入園料で済むというナイスな企画です。今年(2017年)は、2月14日が休園日とのことで、2日前の2月12日がバレンタイン企画での女性入園無料となりました。

冬の東武動物公園といえばライトアップ

そして、昨日(2月12日)は、イルミネーションの最終日でもありました。園内の遊園地ゾーンがイルミネーションで彩られ、2月の寒さにもかかわらず、賑わっていました。

DSC_0157 2DSC_0169 2

動物園としての東武動物公園

東武動物公園と言えばホワイトタイガー

東武動物公園の看板となる動物と言えば、ホワイトタイガーです。

DSC_0113 2DSC_0111 2

ガラス越しのホワイトタイガーは、ガラスの反射でうまく写真が撮れず…(左側)。

アザラシの芸のレベルが高い

予想を上回って楽しませてもらったのが、アザラシのパフォーマンスショー。

DSC_0062 1DSC_0064 2

高い運動能力と、利口なその芸。そして、軽妙なお姉さんのトーク。見る価値あり!です。

間近で見られるライオンの迫力に圧倒

個人的に一番楽しんだのが、ライオン。ガラスビューであるだけでなく、トンネルでライオン舎の真ん中まで行くことができます。場所にすると、下の写真の雄ライオンの真下です。

■スポンサードリンク

DSC_0097 1

このライオン、下から見ると、こうでした。

DSC_0098 1

何が何だか、よくわかりません(笑)

そして、ここでは、こんな近くでライオンを見ることができました。

DSC_0106 1

陰になってしまって上手く写真が撮れなかったのが残念ですが、楽しませてもらいました。1時間くらいここにずっといたい!と思いましたが、人気スポットで混雑していたので、そこそこ長居してから退却しました。

個人的な感想

東武動物公園ではふれあい広場もあり、子供が動物にエサをあげたり、撫でたりと楽しむことができます。ただ、入園者も多いので、思いっきり触れ合いたいという方には、若干物足りないかもしれません(触れ合いすぎるとドキドキしてしまう私にとっては、ちょうどよいです)。

また、狭い檻の中で展示されている動物もまだまだ多いので、動物が生き生きと動き回っている様子を観れるように展示を工夫してくれるといいなぁと思いました(でもライオンの展示には大満足)。

鳥インフルエンザの影響もあり、鳥の展示が限定的だったのも、物足りなさが残りました(まぁ、そういう時期に行ってしまった私がいけないのですが)。

初めての東武動物公園だったので、エサをあげる時間にちゃんとその場所にいくという管理ができていなかったなぁというのが、個人的な反省点です。

ただ、子供たちはとても満足してくれて、おみやげ屋さんでもワクワクしながら動物のぬいぐるみを選んでいました。子供の笑顔を見ると、やっぱり、連れてきてよかった!

次回は、チケットを安く入手する方法をもっと研究して、遊園地ゾーンに行こうと思います。

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

もうすぐ1歳の長男は、早くも歩くのが上手になり、家の中をハイハイではなく歩き回っています。よく歩くので、公園でも散歩させてあげようと靴を履かせてみたのですが、靴が怖いのか、大号泣して一歩も歩かず…。
そこで、今週土曜日に購入したのが、靴下のような生地の靴(『よちよち スカイブルー』という商品名)。「ような」というよりも、まさに靴下って感じなのですが、底はしっかりと靴底になっているので、外を歩かせることができます。初めは靴を気にしていましたが、すぐに慣れてスタスタと歩き回るようになりました。歩けば歩いたで、あっち行ったり、こっち行ったりと、ちょこちょこ動き回るので、それはそれで大変です(-_-;)

DSC_0066 2DSC_0021 2 (2)

【週末の一日一新】

エストレーヤ

チャイルドシート購入

東武動物公園

Pocket

■ スポンサードリンク