税理士試験合格、科目選択より大事なこと

Pocket

税理士試験合格を左右するのが、税法科目の選択です。

ボリュームはあるけど実務で使う科目を選ぶか、割りきってボリュームの少ない科目で合格を目指すか。

ただ、税理士試験に合格できるかどうかには、もっと大切な選択があると私は考えています。

サービスメニュー
・ 税務顧問
・ 個別コンサルティング
・ 【青色申告を始めたい個人事業主&フリーランス向け】
  青色申告の手続きと会計ソフトの導入をサポートします(詳細はこちら)。

科目選択より大事な選択

私が税理士試験への合格で科目選択よりも影響が大きいと感じたのは、職場の選択でした。

税理士試験合格が歓迎される職場と、そうでない職場では、合格率が明らかに異なります。

私が国際会計事務所のBIG4と言われている税理士法人では、先輩のほとんどが税理士登録者や有資格者でした。

12月に官報で税理士試験の合格者が発表されると、同僚の名前をいくつも発見することができました。

だからといって、仕事が楽なわけではありません。

繁忙期は、終電後のタクシー帰りは当たり前でした(タクシー帰り自体が厚待遇という声もありますが)。

平均残業時間だけ見ると、ブラック企業に近いかもしれません。

しかし、税理士試験合格の環境は、整っていました。

  • 試験休暇が長くとれる
  • 税理士が多いので、合格へのやっかみがない
  • 同僚がどんどん合格していく

短期合格者も多く、税理士試験に合格しているのが当たり前の環境だったため、合格を阻むものはほとんどありませんでした。

大学卒業後、4年間で1科目しか合格できずにいたのが、転職してすぐに最後の1科目に合格することができました。

【税理士試験受験生向け】税理士試験での税法選択と実務
【税理士試験受験生向け】税理士試験での税法選択と実務
税理士試験に合格するためには、会計科目2科目(簿記論、財務諸表論)と税法科目3科目の合格が必要です。税法の中には、実務で必ずと言っていいほどよく使う科目と、ほとんど使わない科目があります。実務でよく使う科目はボリュームが多く、勉強量...

合格のために必要であれば転職したっていい

転職は1回目こそ抵抗がありましたが、いざ転職してみると新しい世界を見ることができ、自分の価値観を拡げることができます。

もう少しちゃんと今の会社に貢献してから、とかは考える必要はないでしょう。

自分にとって、その会社があっているかどうか。

税理士試験の合格を目指すのであれば、合格に向けて支障になる職場なのかどうか。

税理士試験の合格が歓迎されない職場では、合格する確率が下がってしまいますし、合格してもよい待遇は待ってはいません。

今の環境が税理士試験の合格に相応しい環境でないのなら、思い切って環境を変えてみるのもありです。

転職を繰り返すことのメリット・デメリット
転職を繰り返すことのメリット・デメリット
私は、大学卒業後に就職して税理士として独立するまでに3回転職し、4社に勤めました。務めた年数は、4年、5年弱、2年強、2年弱です。転職をすることでよかったこともあれば、苦労したこともありました。 会計士・税理士...

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

最近、1歳8か月の長男は絵本が大好き。

同じ絵本を何度も読んでくれと持ってきます。

長女、二女に読んであげた絵本なので、あまりに読みすぎて、読んでいる私が飽きてしまいそうです(^-^;

でも、喜んでくれる長男の姿を見ると、読んであげたくなります。

Pocket

------※この記事は、投稿日現在の状況、法令に基づいて書いています。---------

■ スポンサードリンク




サービスメニュー
・ 税務顧問
・ 個別コンサルティング
・ 【青色申告を始めたい個人事業主&フリーランス向け】
  青色申告の手続きと会計ソフトの導入をサポートします(詳細はこちら)。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

■ 開催セミナー

スポンサーリンク