現金はなるべく持たない。Suicaやクレジットカードでの支払いを優先する理由

Pocket

Alexas_Fotos / Pixabay

私はあまり現金を持たない主義です。現金をあまり使わない代わりに、Suica、クレジットカード、ネット銀行を有効活用しています。

プライベートではやむを得ず、現金を持ち歩きますが、経営している税理士事務所や会社では現金の残高はゼロとしています。

サービスメニュー
・ 税務顧問
・ 個別コンサルティング
・ 【青色申告を始めたい個人事業主&フリーランス向け】
  青色申告の手続きと会計ソフトの導入をサポートします(詳細はこちら)。

現金をあまり持たないメリット

Suicaを使うメリット

お店での支払いは、極力、現金は使わないようにしています。Suicaが使えるお店では、Suicaでの支払いを優先しています。

Suicaはオートチャージにしていますので、大きい買い物でなければ、Suicaの残高で何とかなります。

Suicaを優先して使う理由は、次のメリットがあるからです。

  • ViewカードでSuicaへチャージするとポイント還元率が1.5%で還元率が高い(一般的なクレジットカードの還元率は0.5%なのでお得)
  • 小銭を出すストレスがない(私は手先が不器用で小銭を出すのが苦手)
  • 端末にタッチするだけで支払い完了(常にサインレスなのが有難い)
  • Viewカードで貯めたポイントはSuicaにチャージできるので、ポイントの使い勝手もよい
  • 交通系の電子マネーであること(nanacoやEdyでは電車に乗れない)

Suicaがダメなら、クレジットカードを使う

Suicaでの支払が出来ない場合、次に優先するのがクレジットカードです。

ポイント還元率は、1%以上のクレジットカードを使用しています。支払いを極力クレジットカードに寄せることで、1年間の累計ではかなりのポイントを貯めることができます。

ポイントの使い道は、やはり支払に充てるのが一番です。

Amazonカードや楽天カードであれば、それぞれのショッピングモールで1ポイント=1円として使用することができます。

また、現金で支払うと記録に残らないので、何に使ったかわからず何となくお金が減っていくという事態になりがちです。クレジットカードは明細が残るので、何に使ったかがわかるというのがお金管理の面ではプラスです。

ただ、注意しなければいけないのが、次の2点です。

  • 支払時に現金が出ていかないのでついつい使いすぎてしまう
  • 支払を楽にしようとリポ払いを使ってしまう

クレジットカードの場合は、月にいくらまで使っていいか自主規制して使わないと、引落のときに青ざめることになりかねません。

だからといって、リボ払いをしていまうと、高い金利を払う羽目に…。

現金をあまり持たないメリット

現金をあまり持たないことで、次のような恩恵を受けることができます。

  • Suicaやクレジットカードのポイントが貯まる
  • ATMでお金を下ろす手間が省ける
  • 使途不明金が減る
  • お金の支払が楽(小銭を出すのが本当に面倒くさいです)
  • 盗難された時の被害額が少なく済む

財布を盗まれた時に一番被害にあいやすいのが現金です。クレジットカードの不正使用などの場合は、足がつきやすいので、盗む側からみて一番有難いのが万券がたくさん入っているお財布です。

家に空き巣が入った時も、同様です。通帳を盗んだ場合、ATMで防犯カメラに映ってしまうリスクがありますから、泥棒としてはやはり現金だけ盗んでいきたいですよね。

現金をあまり持たないデメリット

ただ、やはり今の日本社会ではまだまだ現金は必要不可欠です。現金をあまり持たないで生活していると、下記のデメリットがあります。

飲み会での割り勘で迷惑をかける

普段、あまり現金を持っていないので、お金を下ろすのを忘れてうっかり飲み会に参加すると、他の方に迷惑をかけてしまいます。

私は何年かに1回、この失敗をしてしまっています。

小さい金額ではないだけに、本当に申し訳ない気持ちになります。

人里離れた観光地で支払に窮する

クレジットカードが使えるお店が少なかったり、ATMが近くにはないという人里離れた観光地で手持ちの現金が少ないと、支払に窮していしまいます…。

ランチの支払に窮する

意外とやってしまうのがこれです。飲み会や観光は、意識的にお金を下ろすのでいいのですが、普段の生活の中ではうっかりとお金をおろすのを忘れてランチ代が払えない…という事態が起きてしまいます。

勤務時代、年に数回は同僚にランチ代を借りるという失態がありました。そして、独立しても、1回、ランチ代の現金がないという失敗をしてしまいました。800円という少額にもかかわらず、クレジット払いでお店に迷惑をかけてしまいました。

Suicaであれば800円でも気軽に使えますが、クレジットカードで800円だと申し訳ない気持ちになってしまいます。手数料的には大差なさそうですが、クレジットカードはお店から見れば手間ですからね。

クレジットカードを使うのが憚れるお店に行けない

クレジットカードがスキミングされてしまうのでは?という不安に駆られるお店には、足が遠のきます。

また、クレジットカードに明細が出てほしくないお店にも、行きづらくなります(笑)

キャッシュレス社会になるために望むこと

そんなこんなで、あまり現金をもたないようにして生活しているのですが、キャッシュレスでもっと快適に暮らすためには、まだまだ望むことがあります。

  • Suicaで決済できるお店の増加
  • Suicaの支払端末での支払処理のスピード向上(レジで金額を入力した後、Suicaの端末で金額を再入力してようやくSuicaで支払いができるという端末は支払スピードを劇的に悪化させるので早く無くなってほしい)
  • クレジットカードでの支払処理のスピードアップ(SuicaみたいにICカードで「ピッ」と支払いたい)
  • 決済手数料の引き下げ(お店の方に嫌な顔されないために…)

私がキャッシュレスを心掛けている一番の理由は、「楽だから」です。ATMでお金を下ろすのにだって、時間がかかります。なるべく無駄な時間を省きたいので、ついでの用事なしにATMに行く時間は削って日々の生活を効率化したいのです。そのためにも、もう少し、キャッシュレスで買い物が楽しめるようになってもらいたいものです。

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

昨日、東京では雹が降りました。激しい雨とともに大量の雹が空から振ってきたのを目の当たりにしました。特に駒込付近では被害が大きかったようです。

Pocket

------※この記事は、投稿日現在の状況、法令に基づいて書いています。---------

■ スポンサードリンク




サービスメニュー
・ 税務顧問
・ 個別コンサルティング
・ 【青色申告を始めたい個人事業主&フリーランス向け】
  青色申告の手続きと会計ソフトの導入をサポートします(詳細はこちら)。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

■ 開催セミナー

スポンサーリンク