なぜ税理士を目指したか?~情報の非対称性~

Pocket

より多くのお金を手元に残すためには、情報をより多くそして正しく認識していることが重要です。

日本の税制は複雑です。

税制を知っているのと知らないのとでは、払う税金に大きな差が出ることが往々にしてあります。

税金の仕組みを知ることは価値がある

個人事業主や法人に対して課される所得税や法人税の税額は、簡単に言えば、売上から経費を引いた金額に一定の税率をかけて計算します。

単純に考えると、売上の請求書や 支払いに関する請求書や領収書を税理士に渡して計算してもらえば、簡単に税金の金額は分かると考えがちです。

収入金額から支出した金額を差し引いたものが利益で、利益に税率をかけて簡単に計算ができると考えている方も少なくありません。

経費になる領収書と経費にならない領収書の区別さえすれば、税金なんて簡単に計算できると考えている方は、必要以上に税金を納めることになりがちです。

プライベートの飲み代を経費に入れたり、白紙の領収書に自分で金額を書き込んで経費にした場合、税務調査でそれが発覚すれば、本来払うべきだった税金にプラスして、過少申告加算税(悪質な場合には重加算税)を払う羽目になります。

一方、プライベートな支出であっても、社宅のように経費とすることができるものもあります。

会社で借り上げた社宅(借上げ社宅)で節税しよう
会社で借り上げた社宅(借上げ社宅)で節税しよう
基本的にプライベートな支出は会社の経費にすることはできませんが、自宅の家賃は借上げ社宅という制度を使って合法的に会社の経費にすることができます。 ※ 国立新美術館にて 借り上げた社宅で節税するためには? 会社が社宅の家賃を...

ふるさと納税を知っている方は、2000円の自己負担でふるさと納税によりたくさんの 返戻品を受け取り、得をしています。

美味しかった「ふるさと納税」の返礼品の食べ物
美味しかった「ふるさと納税」の返礼品の食べ物
「ふるさと納税」を行うとき、私はいつも食べ物を選んでいます。得をしたいと考えるとほかの方法があるかもしれませんが、それよりも、なかなか食べに行く機会の少ない地方の特産物を味わうのを楽しみにしています。 ※ 日向市からの返礼品の...

節税をする方法というのは色々とあり、知っているのと知らないのとでは税額が大きく変わることも往々にしてあります。

今の日本の社会では、知っている人だけが得をし、 知らない人はその恩恵に預かることはできないのです。

税理士という仕事は、知らなくて優遇税制の恩恵に預かることができないお客様に対して、その優遇税制の内容を伝えて、最も大事な経営資源である事業主や会社のお金を守ることができます。

情報の非対称性を悪用しない税理士になる

偽装請負に加担しない

今年の確定申告の時期、国税局の電話相談センターの仕事をしました。

その中で何度か相談があったのが偽装請負。

正社員のつもりで働いていたのに、会社からは支払調書を渡され、自分で確定申告をするようにと会社から言われたという相談です。

相談者が無知であることをいいことに、正社員のように働いてもらい、外注費として処理をしていたのです。

会社側としては、社員ではありませんから、厚生年金や健康保険といった社会保険料は負担しなくて済みますし、労働保険にも入らなくてよくなります。

こうした相談の中には、会社の顧問税理士から「自分で確定申告をするように」と通知されたという方もいました。

情報を知っていれば有利、知らなければ不利というだけであればまだ良いのですが、無知であることを悪用して偽装請負を行い、それに加担している税理士がいるということにがっかりしました。

幸い私のお客様の中には、こういった偽装請負を正当化して行う方はいません。

外注費として取り扱うのであれば、正社員と請負契約の違いをきちんと説明し、時間的拘束をしない、 社会保険や労働保険も加味した報酬とするなど、偽装請負ではないきちんとした請負契約にすべきです。

なぜ税理士を目指したか?

これまでも何回か「なぜ税理士を目指したか?」というテーマでブログを書いたり、会計人コースの寄稿に書いたりしました。

なぜ税理士を目指したか?~それでも父は超えられない~
なぜ税理士を目指したか?~それでも父は超えられない~
なぜ税理士を目指したか、過去2回、ブログ記事を書きました。 会計人コースの「私の独立開業日誌」でも書きました。 しかし、潜在的に大きな影響を及ぼしたであろうことについては、未だに書いていませんでし...
【会計人コース2017年11月号に掲載されました!】私の独立開業日誌
【会計人コース2017年11月号に掲載されました!】私の独立開業日誌
本日(2017年10月3日)発売の会計人コース2017年11月号に私が執筆した「私の独立開業日誌」が掲載されました。 ちなみに、『会計人コース』とは、税理士・公認会計士を目指す受験生向けの雑誌です。 私の独立開業日誌で書いた...
なぜ独立をしたのか?独立の理由その1~学生の頃から独立したかった~
なぜ独立をしたのか?独立の理由その1~学生の頃から独立したかった~
昨年の夏に独立してから半年以上が経ちました。独立して良く尋ねられるのが、「なぜ独立したのですか?」という質問。聞かれるたびに、答えるのに窮してしまいます。独立したいと思った理由は明瞭明確な1つのものではなく、色々な思いの積み重ねです...
転職3回4社を経てたどり着いた独立という挑戦【独立の理由その2】
転職3回4社を経てたどり着いた独立という挑戦【独立の理由その2】
学生時代から税理士として独立開業して、個人事業主として仕事をしたいと考えていました。 税理士試験に合格してからすぐに独立される方が多い中、私が独立したのは税理士試験合格から約8年後でした。独立したいという気持ちがありま...

たったひとつの理由で税理士を目指したわけではなく、色々な理由が積み重なって、税理士を目指すという道を選んだのです。

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

昨日は結婚記念日でした。

一番下の子が1歳8か月で落ち着きがなく大変なので、いつも通り、自宅で夕食を食べました。

いつもと違ったのが、小6の長女と小2の二女のテンション。

飾り付けをしてくれて、結婚記念日を盛り上げてくれました。

私たち夫婦はと言うと、山梨で買ってきたちょっといいワインを開けて乾杯♪

Pocket

------※この記事は、投稿日現在の状況、法令に基づいて書いています。---------

■ スポンサードリンク




サービスメニュー
・ 税務顧問
・ 個別コンサルティング
・ 【青色申告を始めたい個人事業主&フリーランス向け】
  青色申告の手続きと会計ソフトの導入をサポートします(詳細はこちら)。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

■ 開催セミナー

スポンサーリンク